札幌のジンギスカン結局どこがおすすめ?人気の7店を比較

ジンギスカン ランチ

札幌と言えばジンギスカン!ラムやマトンをドーム型のジンギスカン鍋で焼いてお代わりしていきます。代表的な「だるま」は市内に複数の支店、赤身が売りの「さっぽろジンギスカン」、“片面10秒焼き”の「やきにく舎 太好了」、生ラムにこだわりの「しろくま」、昔ながらの「めんよう亭」、大型店で使いやすい「松尾ジンギスカン」などいずれも人気のジンギスカンが食べられます。

日本最大!!さっぽろ大通ビアガーデンの基礎数値(2017年来場者、ビール消費量)

2018.05.17

人気店比較!大通りビアガーデンなど札幌のビアガーデンおすすめランキング

2018.04.19

おすすめジンギスカンの選び方

人によってお店の選び方は様々だと思いますが初めての場所に行くときは食べログで点が高い店に素直に行くことにしています。札幌や旭川でジンギスカン食べていますが5年くらい前ですから最新状況を知るため食べログで札幌市のジンギスカンの「夜のランキング」を見てみます。デフォルトの「標準」の場合点数順にはなりません。次に予算を「夜・〜6000円」で絞ります。これで友達を誘いにくい高級店を省けます。

点数上位から見ていきますが2位3.68〜20位3.58に対して1位の「だるま本店」は3.82ですから一段高い評価を受けているようです。口コミの件数が増えやすいラーメンでは比較的簡単に3.5以上付きますが、ジンギスカンなどその他のジャンルでは3.5以上あればだいたい外れがないでしょう。

更に見ていくと「本店」「4.4店」「6.4店」「すすきの店」などの表記が見つかります。札幌は碁盤の目のように南6条西4丁目であれば「6.4」のように表記します。また市内に複数展開する有力店があります。これらは公式サイトで支店を確認しまとめて評価しましょう。ホテルや観光先から近ければメリットになります。

札幌ジンギスカンだるま #支店多数 #ススキノ #予約不可 #深夜営業

昭和29年に創業した老舗。公式サイトは ジンギスカンだるま。本店、支店とも食べログ3.5〜3.8の高評価を得ています。

ジンギスカンは一皿850円で肩ロース、ロース、モモなどさまざまな部位の盛り合わせ。限定の上肉1150円、ヒレ肉1150円もあります。タレは甘さを控えたあっさりタイプで後付けします。行くなら本店!という方が多いようですが席数が多く朝までやっている6.4店、アクセスが良い4.4店、女性向けの4.4二階亭、一番新しく禁煙の5.5店など各店違いがあります。基本的に煙モクモクで匂いが付くことは避けられいでしょう。

「札幌ジンギスカンだるま」各店では電話等での予約を受け付けていません。22時以降は空いてくるようですが基本的に行列します。泊まりならば深夜に行くのが良さそうですね。

  • 成吉思汗だるま 本店:カウンター14席、17〜翌3時営業でビールはキリン一番絞り。今年4月にリニューアルし綺麗に。
  • だるま6.4店:カウンター26席で17〜翌5時営業でサッポロクラシック
  • だるま4.4店:カウンター16席で17〜翌3時営業でビールはアサヒスーパードライ。立地はすすきの駅に一番近くラフィラ裏。
  • ジンギスカンだるま4・4 二階亭:2012年にオープンした新し目の店。女性に配慮し排煙設備や専用ロッカーで煙を軽減。17〜翌3時営業。
  • だるま5.5店:32席で17〜翌3時営業。整理券発行、フランス穀物飼育の特上マトン1300円を扱うのはここだけ。

店舗情報
だるま 本店
北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル1F
営業時間:17:00~03:00 (L.O.02:30)
定休日:無休 ※年末年始は休業
備考:全面喫煙可、予約不可

さっぽろジンギスカン #赤身 #資生館小学校前駅 #予約不可 #営業終了早い

漢字で「札幌ジンギスカン」にするとたどり着けません。公式サイトはないようです。札幌市内の本店と千歳店があります。千歳店は新千歳国際空港ではなく千歳市内ですから行けるのは本店。ジンギスカンだるまが深夜営業するのに対して「さっぽろジンギスカン」は予約不可、17:00〜21:30で肉なくなり次第終了なので早い時間に行くのがおすすめ。場所は資生館小学校前駅近くでカウンター18席のみ。

生ラムジンギスカンはニュージーランド産で一皿1000円で最初に一皿出てきて後はおかわりしていくシステム。赤身肉からスタートし「おかわり!」していくとだんだんサシが入るそうです。脂身とスジを取る丁寧さで違いが出る、という口コミ。赤身肉は焼きすぎると固くなるのでお店からはレア目が推奨されます。カウンターの後ろにもズラッと行列が並んでいてどんどん食べて出る回転が早いお店です。一周1時間くらいのようですね。最後にタレにジャスミン茶を入れて飲むのがお約束。

仕事の移動日で休日が潰れてしまうのが嫌だったので、夜だけでも楽しまなきゃとススキノへ。 #さっぽろジンギスカン 10年振り以上かな。相変わらず狭くてモクモクですが、肉は本当に上品で旨い😆丁寧な下処理がポイントですかね。#アイヌネギ も出てきたし、北海道最高!やはり転勤はできないな😅 サクッと済ませてハシゴ。 #中国料理月下翁 白貝や、白魚、台湾豆苗、味の想像がつかないメニュー。何食べても旨い😋 また行きます😁 #北海道グルメ#札幌グルメ#ススキノグルメ#ジンギスカン#中華料理#中国料理#麻婆豆腐#春巻き#餃子#担々麺#つまみがいっぱい

A post shared by Yuya Saito (@yuya5351) on

店舗情報
さっぽろジンギスカン 本店
北海道札幌市中央区南5条西6-4 松田釣具店2F
営業時間:17:00~21:30(肉が無くなり次第終了)
定休日:無休
備考:予約不可

いただきます。 #北海道産羊肉 #サフォーク #予約可 #深夜営業

ニュージーランド産のラムも多い中「いただきます。」は北海道産羊肉専門のジンギスカン店。肉専用種であるサフォークを低価格で提供する牧場直営店です。営業時間が11:30〜翌3時、日・祝は11:30〜12時と昼営業しています。「だるま」「さっぽろジンギスカン」は予約できませんが「いただきます。」は昼含め予約可能です。予約以外に行列すれば入れますがケンミンショーに出たりだいぶ先まで予約が埋まっているようです。

北海道産羊肉のモモ、ウデ、バラ、スネ盛り合わせのジンギスカン980円は手頃で味も好評ですが量は少なめで肩ロース1790円など他を頼みだすとトータルでは他の店より高くなることが多いので注意。

店舗情報
いただきます。
北海道札幌市中央区南5条西5丁目一番地6
営業時間:[月~土]11:30~3:00 (L.O. 2:30), [日・祝]11:30~23:00 (L.O. 22:30)
定休日:無休
備考:予約可

やきにく舎 太好了 すすきの店 #深夜営業 #だるま本店近く #片面10秒焼き #予約可 #深夜営業

「太好了(たいはーら)」で調べるとすすきの店と麻生店があります。公式サイトは見つかりません。店名の通りジンギスカンというより焼肉店。近くにだるま本店もありますが17時〜25・27時と営業時間帯も似ています。

七輪の炭火で網焼きするスタイルで人気メニューは「ジンギスカン」「塩ジンギスカン」「塩ホルモン」「サガリ」とのこと。赤身のジンギスカンは片面10秒焼きでいいほどの鮮度、という売りですが炙る程度では冷たいのでもう少し焼いた方が良さそうです。牛トロフレーク石焼ビビンバなど他にも魅力的なメニューがあります。定番店以外に行きたい場合の候補にどうぞ。

店舗情報
やきにく舎 太好了 すすきの店
北海道札幌市中央区南五条西4丁目5 すすきの寿ビル1F
営業時間:月~水17:00~翌1:00(L.O0:30), 木~土17:00~翌3:00(L.O2:30), 日17:00~0:00(L.O23:30)
定休日:無休
備考:20席、予約可

札幌成吉思汗 しろくま #生ラムにこだわり #北海道産羊肉 #予約可 #深夜営業

公式サイトは札幌ジンギスカン しろくま。札幌本店、東京の赤坂店、新橋店があります。

「しろくま」のこだわりは一度も冷凍していないお肉=生ラムを提供していることです。一応ラムなら12ヶ月未満、ホゲットなら〜24ヶ月、マトンは24ヶ月以上という基準があるわけですが曖昧に集まっているお店もある中きちんとやっていますよ、というアピール。

ジンギスカンに限らず焼肉店では客が勝手に焼いて、というお店が多いですがしろくまでは客が慣れるまで最初は店員が付いてフォローしてくれます。肉が良くても焼きで失敗したら勿体無いですからこういいうサービスは嬉しいですね。北海道道産羊肉1500円〜2000円、オーストラリア産ラム790円など。国産の羊肉を頼むと予算は5000円弱くらいでしょうか。

超赞赞赞~😍

A post shared by 阿楠🐣 (@yangnan0325) on

生ラムって何?
ジンギスカンではよく「生ラム」という用語が使われますがニュージーランド産などの羊はどのように輸送されているのでしょうか。輸送・保管時に一度も冷凍されていない「冷蔵(チルド)」品を生ラム、ラム肉を丸めて冷凍した「ロール肉」の2種類があり一般には生ラムの方が美味しいと言われています。また羊肉には独特の匂いがあるため昔から味付けジンギスカンやタレによって風味を改善して食べてきました。味付けジンギスカンとの対比として生ラムが強調される場合もあります。
店舗情報
札幌成吉思汗 しろくま 札幌本店
北海道札幌市中央区南6条3 ジョイフル札幌1F
営業時間:月~水 18:00~01:00(L.O.), 木~土 18:00~01:30(L.O.)
定休日:日・祝
備考:カウンター22席、予約可

めんよう亭 五条店 #ススキノ #生ラム #昭和の雰囲気 #深夜営業

昭和の雰囲気のある昔ながらのジンギスカン屋さんです。煙がすごくて荷物用のビニール袋などが配られるものの匂いが付くのは避けられません。基本の生肉ラム肩ロースは100g903円ですが2人前からの注文なので2000円〜になります。その他ホルモンや仙台牛カルビ、骨付きラムなども扱っています。予算は4000〜5000円程度。

店舗情報
めんよう亭 五条店
北海道札幌市中央区南5条西4丁目
営業時間:17:30~翌3:00
定休日:年中無休
備考:12席、全面喫煙可

松尾ジンギスカン #大型店 #ランチ営業 #予約可

創業60年の老舗です。札幌駅前店、札幌大通り南一条店、すすきの支店など札幌市内の支店が多く新千歳空港店、東京赤坂店、東京新宿三丁目店もあります。新千歳空港にあるのは時間が空いた時に嬉しいですね。20席くらいの小さな店が多いジンギスカン屋の中で札幌駅前店は90席と大型、ランチ営業もあって予約も可と家族連れや落ち着いて食事をしたい方におすすめ。

ランチは3種のジンギスカン食べくらべランチセット1680円など。夜は単品もありますがグループならラムジンギスカン食べ飲み放題4500円(100分)か特上ラムジンギスカン食べ飲み放題5000円(100分)が良いでしょう。

店舗情報
松尾ジンギスカン 札幌駅前店
北海道札幌市中央区北3条西4-1-1 日本生命札幌ビルB1
営業時間: 11:00~15:00(L.O.14:30), ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:12月31日~1月2日・10月21日(土)
備考:92席, 全面喫煙可, ランチタイムのみ分煙,予約可

人気エリアのビアガーデンをチェック!

ビアガーデン通信を運営する「みんなのビアガーデン部」には北海道から沖縄まで900以上のビアガーデンが掲載されています。東京、横浜、名古屋、大阪、福岡がビアガーデンの多いエリアです。

食べ放題に飲み放題、ランチ営業、女子会特典、早割、遅割、時間無制限、人気ランキングなど様々な条件で満足できるビアガーデンを選べます。